Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分

さらに選択した返礼品や不在期間、配送における要望といった寄付者が任意で入力した項目や、クレジットカードの与信結果、クレジットカード会社の決済管理で付与される整理番号なども含まれていたという。

誤って公開したデータのダウンロード件数など、同市に対して取材を試みたが回答は得られなかった。

同市では今回の問題を受け、ふるさとチョイスや楽天ふるさと納税、ふるなびのほか、特設サイトを含め、同市におけるふるさと納税の関連サイトを停止した。

あわせて同市商工観光部の職員2人に対し、12月12日付けで戒告処分を実施した。また管理監督者2人を訓告としている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ