Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)と経済産業省は、「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」を、2019年2月15日に都内で開催する。

同イベントは、制御システムの関係者を対象としたカンファレンスで、2009年より毎年開催している。国内外の制御システムにおける脅威の現状や、企業、関連団体によるセキュリティ対策の取り組みを紹介している。

今回のカンファレンスでは、直近1年の動向を振り返るほか、船舶業界や鉄道分野、工場など各分野におけるセキュリティ対策の取り組みについて紹介する予定。

会場は浅草橋ヒューリックホール。参加費用は無料だが、事前の申し込みが必要。定員は350人で、定員に達した時点で締め切りとなる。詳細や申し込みは同イベントの案内ページから。

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に