Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%

メディアでも多く取り上げられたコインチェックの仮想通貨流出事件。ビジネスパーソンの認知度は、48.7%と半数に届かなかった。JALにおけるBEC被害に至っては4人に1人にとどまるという。

マカフィーが国内の企業経営者、情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1552人を対象に、11月26日から29日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施。結果を取りまとめたもの。

2017年11月から2018年10月までに報じられたニュース21件を同社がピックアップ。それぞれの認知度を調査した。選択肢に限った認知度調査のため、認知度上位にあるトピックが、類似した他トピックと比較して特別高い認知度にあるとは限らない点に注意が必要となる。

21件のトピック中、もっとも認知度が高かったのは、仮想通貨取引所のコインチェックによる仮想通貨「NEM」が流出した事件。認知度は48.7%だった。

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視