Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず

デジタルマーケティング担当者の約6割が改正個人情報保護法によるマーケティング活動への影響を懸念しているとの調査結果をLiveRamp Japanが取りまとめた。また半数強は法改正の詳細を把握していなかった。

同社が3月11日から14日にかけて、デジタルマーケティング施策の設計や運用に従事する500人を対象にアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

改正個人情報保護法の認知度や自社への影響など尋ねたところ、「詳細まで把握していないが自社のデジタルマーケティング活動への影響を懸念している」が33.4%でもっとも多かった。

「詳細を把握しており、自社のデジタルマーケティング活動への影響を懸念している(29.4%)」「詳細を把握しているが、自社の活動に影響があるとあまり思っていない(18.7%)」が続く。

また「詳細まで把握しておらず、自社のマーケティング活動に影響があると思っていない(7.6%)」「まったく知らない(11.6%)」との声も聞かれた。

サードパーティCookieの排除など、業界の動きについて54.0%が「詳細は理解していない」、13.2%が「まったくわからない」と回答している。

影響を懸念する回答者に具体的な対策を検討しているか聞いたところ、「すでに対策済み」は22.3%にとどまり、58.6%は「具体的な対策を検討中」、16.6%は対策を必要と感じつつも、「検討まで至っていない」とした。

(Security NEXT - 2022/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性