Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市

横浜市は、鶴見区で2月に発生した交付前のマイナンバーカードと交付に用いる端末が盗まれた問題を受け、職員3人に対し懲戒処分を実施した。

鶴見区戸籍課の執務室内で保管していた交付前のマイナンバーカード78件と、カード交付用の端末1台が盗難被害に遭ったもの。2月21日の窓口業務の終了後、職員が30分ほど窓口を離れた間に持ち去られたと見られている。

終業後にカードと端末を保管庫へ片付ける際、枚数の確認などを行っていなかった。またセキュリティワイヤーなど、端末の物理的な防犯対策も講じていなかったという。

同市では同問題を受け、12月7日付けで鶴見区の事務職員1人に対し、戒告の懲戒処分を実施。また緑区や鶴見区の事務職員それぞれ1人を減給とした。

(Security NEXT - 2018/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付通知書を誤送付 - 志摩市
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
幼稚園の入園願書など紛失、マイナンバー記載 - 京田辺市
マイナンバーカードを紛失、箱ごと誤廃棄か - 阿蘇市
姓など同じ別人のマイナンバーを住民システムに誤入力 - 鎌倉市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も