Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市

横浜市は、鶴見区で2月に発生した交付前のマイナンバーカードと交付に用いる端末が盗まれた問題を受け、職員3人に対し懲戒処分を実施した。

鶴見区戸籍課の執務室内で保管していた交付前のマイナンバーカード78件と、カード交付用の端末1台が盗難被害に遭ったもの。2月21日の窓口業務の終了後、職員が30分ほど窓口を離れた間に持ち去られたと見られている。

終業後にカードと端末を保管庫へ片付ける際、枚数の確認などを行っていなかった。またセキュリティワイヤーなど、端末の物理的な防犯対策も講じていなかったという。

同市では同問題を受け、12月7日付けで鶴見区の事務職員1人に対し、戒告の懲戒処分を実施。また緑区や鶴見区の事務職員それぞれ1人を減給とした。

(Security NEXT - 2018/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市