Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開

ソフトクリエイトとエクスジェン・ネットワークスは、資本提携のもと、ID管理ツール「LDAP Manager」のクラウド展開を図る。

10月にソフトクリエイトがエクスジェン・ネットワークスの発行済み株式の49%を取得、資本提携を実現したもの。ソフトクリエイトでは、エクスジェン・ネットワークス「LDAP Manager」を、同社クラウドサービス「SCCloud」にて「LDAP Manager on SCCloud」として展開する。

従来エクスジェン・ネットワークスでは、おもにオンプレミスを大手企業や大学などを中心に提供してきたが、両社は「SCCloud」の中心ユーザーである中小規模の事業者に向けて拡販を図りたい考え。

2019年4月にサービス開始を目指しており、すでに「SCCloud」で展開しているサイボウズやオービックビジネスコンサルタントなどの国産クラウドサービスなどとの連携に対応。今後「Azure Active Directory」との親和性なども高め、IDプラットフォームの提供を目指すとしている。

20181206_sc_001.jpg
「LDAP Manager on SCCloud」の構成(図:ソフトクリエイト)

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材