Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社

ソフトウェアの開発や販売を手がけるSHFは、同社ウェブサイトが複数回にわたり改ざんされたことを明らかにした。閲覧すると外部サイトへ誘導される状態だったという。

同社によれば、ウェブサイト管理ツールの脆弱性を突く不正アクセスを外部より受け、11月から12月にかけて3度にわたりウェブサイトが改ざんされた状態に陥った。

改ざんされたページを閲覧すると悪意ある外部サイトへ誘導されるおそれがあったという。不正アクセスにともなう個人情報の流出については否定している。

同社では、改ざんの原因となったプログラムを削除し、改ざんされた部分を特定して修正。バックアップからデータを復元し、ウェブサイトを再開している。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性