Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング

12月19日にソフトバンクグループ傘下で携帯電話サービスを展開するソフトバンクが新規上場を控えているが、IPOに便乗し、個人情報を収集するフィッシングサイトが確認されている。

今回のIPOは、国内において過去最大規模となる見込みで、上場に向けてテレビCMなども展開されている。一方で注目度の高さに便乗し、同社株の購入申し込みサイトに見せかけ、投資家より個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

注意喚起を行った同社やソフトバンクグループが紹介した事例は、米国在住者を対象としたフィッシングサイト。「プレIPO」などと称し、氏名やメールアドレス、住所、電話番号などをだまし取ろうとしていた。

今回の上場では、11月末に仮条件が決定。国内では目論見書に記載された国内引受証券会社を通じて12月3日よりブックビルディングが実施される予定となっている。

両社が購入の申し込みを直接受け付けることはなく、海外での販売においても、ウェブサイトによる事前登録や勧誘は行っていないと説明。フィッシングサイトに氏名やメールアドレスなどの個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

20181119_sb_001.jpg
フィッシングサイトの事例(画像:ソフトバンク)

(Security NEXT - 2018/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
健康器具メーカーのインスタアカが乗っ取り被害 - フィッシングで
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増