Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上

パスワードリスト攻撃と見られる不正ログインの試行が、ワールドワイドにおいて5月、6月に大きく増加したことがわかった。

Akamai Technologiesによれば、ワールドワイドに展開する同社サービスで5月から6月にかけて検出した不正ログインの試行回数は83億件以上にのぼったという。2018年1月以降の直近4カ月間における試行回数は月平均約32億件で、この2カ月間は約3割の上昇が見られた。

ただし、同社は各月における攻撃件数の推移を公表しておらず、これらが一時的な増加であるのか、2017年後半より同様の増加傾向が続いているのかは明らかとなっていない。また7月以降の推移も現状公開できるデータはないという。

2018年における不正ログインの傾向について同社は、通常1週間で700万件ほどのログインが行われるサイトにおいて、48時間に850万回と大量のログイン試行が行われたケースがある一方、あえて試行回数を抑え、検知を逃れる「ローアンドスロー」攻撃が展開されるなど、多様化が進んでいると指摘している。

(Security NEXT - 2018/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加