Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス

NECは制御システムセキュリティセンター(CSSC)と連携し、産業制御システム向けのセキュリティリスクアセスメントサービスを提供開始した。

今回開始したのは、産業制御システムにおけるセキュリティリスクの評価サービス。「Standardメニュー」と「Advancedメニュー」を用意した。

「Standardメニュー」では、国際標準「IEC62443-2-1」や、米国立標準技術研究所(NIST)の「NIST Cyber Security Framework」、情報処理推進機構の「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」などに基づき、評価を実施。

上位メニューである「Advancedメニュー」では、CSSCの知見を取り入れ、独自のリスクシナリオのもと評価を実施する。

料金は、「Standardメニュー」が259万2000円から。「Advancedメニュー」が648万円から。同社では、3年間で100件の提供を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可