Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用

両社は、今回の問題について同アプリの利用規約などからリンクされているウェブサイト上のプライバシーポリシーにおいて、位置情報を広告配信に利用するとの記載を行っていたと釈明しつつも、説明や同意プロセスが不十分でプライバシー上適切ではなかったことを認め、利用者に謝罪した。

またフリークアウトでは、タクシーで展開しているデジタルサイネージ端末向けの動画配信に関して、端末のGPSよりタクシーの位置情報をもとに配信しているものであるとし、個人を特定するものではないと説明。

デジタルサイネージ端末のカメラで顔画像を取得しているが、性別の判断などに利用するものの、判断後はデータを破棄しているとし、システムやネットワーク上へのデータ保存を否定している。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加