Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ

オムロンの制御システム向けソフトウェア「CX-Supervisor」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

同製品に、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-17905」や、解放したメモリの使用「CVE-2018-17909」など、4件の脆弱性が明らかになったもの。

「同3.4.1」や以前のバージョンに脆弱性は存在し、脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。

今回の問題を受け、同社では複数のバグやこれら脆弱性を解消した「同3.4.2」をリリース。セキュリティ機関などはアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開