Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「サイバーセキュリティ事業における適正な事業遂行の在り方に関する検討委員会」を設置した。

同委員会は、セキュリティ対策サービスの提供者が、社会、利用者、提供者自らを守ることを目的に、適正な事業遂行のあり方について検討、議論するもの。

委員長には、同協会会長で情報セキュリティ大学院大学名誉教授の田中英彦氏が就任。今後議論を進め、成果物を公表したい考え。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始