Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「サイバーセキュリティ事業における適正な事業遂行の在り方に関する検討委員会」を設置した。

同委員会は、セキュリティ対策サービスの提供者が、社会、利用者、提供者自らを守ることを目的に、適正な事業遂行のあり方について検討、議論するもの。

委員長には、同協会会長で情報セキュリティ大学院大学名誉教授の田中英彦氏が就任。今後議論を進め、成果物を公表したい考え。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に