Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」

大阪府警は、サイバー犯罪防止の啓発にあたり、イメージキャラクターにカプコンの人気ゲームキャラクター「ロックマン」を採用した。

20181004_cp_001.jpg
配布予定のチラシおよびステッカー(画像:カプコン)

大阪府警と大阪府クレジットカード販売対策連絡協議会が、フィッシング詐欺の被害防止に向けて配布するポスターやチラシ、ステッカー、メモ帳に、人気アクションゲームシリーズ「ロックマン」の最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」のキャラクターを採用したもの。

啓発物は、10月8日に実施予定の「サイバー空間と現実空間の防犯コラボキャンペーン」で配布されるほか、大阪府の警察署などでチラシ5万枚、防犯啓発イベントでステッカー3000個などの配布を予定している。

「ロックマン」シリーズは、ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして1987年に第1作が登場。シリーズを重ねつつ、キャラクターグッズやコミック、テレビアニメや映画など、マルチメディアで展開。またカプコンでは2013年以降、大阪府警をはじめとする近隣府県警の防犯啓発に協力してきたという。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
国内主要企業のDMARC導入率は24% - 欧米とギャップ
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
スマホ運用のセキュリティ対策チェックシートに新版 - JSSEC
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日