Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加

9月はフィッシングの報告数全体は減少したものの、「LINE」を装うフィッシング攻撃については、報告が増加したという。前月中旬から「.cn」以外のドメインでも稼働が確認されており、増加を後押しした。

「Amazon」「Apple」「PayPal」など大手ブランドをかたるフィッシングメールにおいて、日々あらたな文面を用いた攻撃が展開されており、同協議会に対して報告が寄せられているという。

またキャリア決済の不正利用を目的としたフィッシングメールやSMSの報告も続いている。

キャリア決済が不正に利用された場合は、限度額の上限まで悪用されるケースが多いと指摘。限度額やキャリア決済で使えるサービスを確認するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2018/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?