Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市

静岡県島田市は、複数の職員が使用を禁止されているフリーメールを業務で使用したうえ、不正アクセスを受けて個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同市によれば、同市農林課の複数職員によって利用していたフリーメールが不正アクセスを受けたもの。

2015年10月にアカウントを取得しており、スキャナやカードリーダーで取り込んだ文書や写真などを課内へ送信するため、過去3年間にわたり利用していたという。

職員が9月18日に不正アクセスの警告メールで被害に気が付いたもので、30日分のログより日本や米国、中国、台湾から不正アクセスを受けていたことがわかった。

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター