Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研

富士通研究所は、入手したデータの加工履歴や提供同意状況を一元管理できる技術「ChainedLineage」を開発した。

「ChainedLineage」は、複数の企業や個人から入手したデータの出所や加工履歴、個人データの本人提供同意の状況といった来歴情報などを管理する技術。

従来、企業ごとに保有していたデータ加工履歴情報と、ブロックチェーン上で共有されている企業間のデータ取引履歴情報を、それぞれのハッシュ値を介して統合。企業をまたがったデータの追跡や改ざんの検出が可能になるとしている。

またブロックチェーンを応用したデータ流通基盤「富士通VPXテクノロジー」上に、個人データ利用許可の同意ポータルを配置。データ要求元に対する本人の提供同意が取れているか確認したうえでデータへのアクセス権を与えることが可能。

同技術は2019年度の実用化を目指し、実証実験を進める予定としている。

20180926_fl_001.jpg
「ChainedLineage」の利用イメージ(画像:富士通研究所)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC