Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研

富士通研究所は、入手したデータの加工履歴や提供同意状況を一元管理できる技術「ChainedLineage」を開発した。

「ChainedLineage」は、複数の企業や個人から入手したデータの出所や加工履歴、個人データの本人提供同意の状況といった来歴情報などを管理する技術。

従来、企業ごとに保有していたデータ加工履歴情報と、ブロックチェーン上で共有されている企業間のデータ取引履歴情報を、それぞれのハッシュ値を介して統合。企業をまたがったデータの追跡や改ざんの検出が可能になるとしている。

またブロックチェーンを応用したデータ流通基盤「富士通VPXテクノロジー」上に、個人データ利用許可の同意ポータルを配置。データ要求元に対する本人の提供同意が取れているか確認したうえでデータへのアクセス権を与えることが可能。

同技術は2019年度の実用化を目指し、実証実験を進める予定としている。

20180926_fl_001.jpg
「ChainedLineage」の利用イメージ(画像:富士通研究所)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
「改正個人情報の保護法」のガイドライン改正でパブコメ実施
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委