Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研

富士通研究所は、入手したデータの加工履歴や提供同意状況を一元管理できる技術「ChainedLineage」を開発した。

「ChainedLineage」は、複数の企業や個人から入手したデータの出所や加工履歴、個人データの本人提供同意の状況といった来歴情報などを管理する技術。

従来、企業ごとに保有していたデータ加工履歴情報と、ブロックチェーン上で共有されている企業間のデータ取引履歴情報を、それぞれのハッシュ値を介して統合。企業をまたがったデータの追跡や改ざんの検出が可能になるとしている。

またブロックチェーンを応用したデータ流通基盤「富士通VPXテクノロジー」上に、個人データ利用許可の同意ポータルを配置。データ要求元に対する本人の提供同意が取れているか確認したうえでデータへのアクセス権を与えることが可能。

同技術は2019年度の実用化を目指し、実証実験を進める予定としている。

20180926_fl_001.jpg
「ChainedLineage」の利用イメージ(画像:富士通研究所)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限