Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク

ソフトバンクの携帯電話向けメールサービスにおいて、迷惑メールフィルタの不具合により、約1030万件のメールを誤って迷惑メールと判断、削除したことがわかった。心当たりがある送信者へ着信を確認するよう呼びかけている。

同社によれば、迷惑メールと誤って判定されて削除されたのは、9月17日11時前から9月18日午前9時過ぎにかけて送信され、送信元ドメインに「.co.jp」が含まれる約1030万件の受信メール。

ソフトバンクの「S!メール(MMS)」「Eメール(i)」、ワイモバイルの「MMS」「EMメール-S(MMS)」「ケータイ(PHS)用Eメール」で迷惑メールフィルタを利用している約436万ユーザーが影響を受けたという。

同社の迷惑メールフィルタでは、蓄積された迷惑メールのデータベースをもとに、パターンファイルを作成して迷惑メールの判断を行っているが、パターンファイルを自動生成する際に不具合があったという。

すでに不具合は修正済みで、同社では対象となる顧客と個別に連絡を取り謝罪。運用体制の見直しを図るという。

また心当たりがあるメールの送信者に対して、メールが届いているか確認してほしいと呼びかけている。

日ごろ同社では、これらサービスを通じて1日あたり約3億件のメールを処理。迷惑メールフィルタにより、約1億5千万通を迷惑メールとしてブロックしているという。

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店