Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚

ラジオNIKKEIの音楽番組のネット投票企画において、番組関係者が不正投票を行い、結果を意図的に操作していたことがわかった。

日経ラジオ社によれば、リスナーのネット投票をもとに選曲する音楽番組「Click DE On-Air」において、番組制作会社のディレクターが一部楽曲への投票を水増しし、オンエアする曲を意図的に操作していたという。

8月24日の放送において、多数連続してクリックできるアプリを使用して一部楽曲に投票。アクセスが集中したことで番組用のパソコンからサーバへ接続できなくなり、調査を行ったところ、問題が発覚した。

問題のディレクターは、約1年半にわたり、2回に1回程度の割合でアプリを使用。一部リスナーが投票に同様のアプリを使用しており、自らも使用して数字のつじつまを合わせようとしたと説明しているという。

同局ではコンプライアンスを強化し、研修や教育を徹底するとともに、チェック体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀