Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除

Appleの公式ストアであるApp Storeにおいて、複数のトレンドマイクロ製アプリが削除された。同社は状況について調査を行っている。

App Store上で提供していたiOSやmacOS向けの同社複数アプリが削除され、検索しても一切表示されない状態となっている。

トレンドマイクロによると、ダウンロードができなくなっているのは、iOS向けに提供している「ウイルスバスターモバイル」シリーズや「パスワードマネージャー」「フリーWi-Fiプロテクション」「Jewelry Box」。法人向けの「Trend Micro Mobile Security」も含まれる。またmacOS向けに公開していた「ライトクリーナー」もダウンロードできない状態となっている。

同社では状況の確認を進めており、状況が更新され次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加