Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除

Appleの公式ストアであるApp Storeにおいて、複数のトレンドマイクロ製アプリが削除された。同社は状況について調査を行っている。

App Store上で提供していたiOSやmacOS向けの同社複数アプリが削除され、検索しても一切表示されない状態となっている。

トレンドマイクロによると、ダウンロードができなくなっているのは、iOS向けに提供している「ウイルスバスターモバイル」シリーズや「パスワードマネージャー」「フリーWi-Fiプロテクション」「Jewelry Box」。法人向けの「Trend Micro Mobile Security」も含まれる。またmacOS向けに公開していた「ライトクリーナー」もダウンロードできない状態となっている。

同社では状況の確認を進めており、状況が更新され次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化