Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール

NRIセキュアテクノロジーズは、「RPA(Robotic Process Automation)」のリスク管理を支援する「RPAリスク管理ツール」を提供開始した。

同ツールは、マルウェアによる不正操作や設定ミスによる異常処理、従業員による不正利用など、RPAの導入時に想定されるリスクの管理を支援するもので、コンサルティングサービスの一環として提供する。

具体的には、RPAに関するリスクの解説資料や社内管理ルールのひな型、ロボット管理台帳、ロボットごとのリスクチェックシートなどの書式集、これらツールの利用マニュアルなどで構成されている。

また同社はキューアンドエーワークスと提携。キューアンドエーワークスでは、これらツールをRPA導入支援サービス「RoboRoid」に組み込み、あらたなリスク管理サービスとして展開していく予定。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Arubaの認証基盤「ClearPass Policy Manager」に深刻な脆弱性
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「CODE BLUE」全講演が決定 - 全自動サイバー攻防戦の優勝メンバーも
富士ゼロックスら、コンビニプリントサービスを法人展開 - FeliCa認証に対応
JPCERT/CC、サイバー攻撃者御用達44ツールを解説 - インシデント調査に役立つ報告書
MasterCard、モバイルアプリ向けに決済ソリューション - 簡単操作で支払可能
ゲームのクラッキングツールが不正プログラムの検知数上位に - トレンド3月レポート
FTPアカウント奪う「TSPY_FAREIT」が活発 - ウェブ経由でJavaの脆弱性を悪用して感染