Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる

同サービスでは、送金時にアプリケーションサーバへアクセスし、応答がタイムアウトした場合はロールバックするしくみだが、高負荷がかかり応答に時間がかかった場合、サイト側ではロールバックする一方、アプリケーション側では送金してしまう不具合が存在したという。

攻撃者は、8月27日から2018年9月1日にかけてギフトコードを大量に発行。8月29日から9月1日にかけて不具合が悪用されたという。また攻撃にあたり、少額のMonacoinを大量に送付して負荷を高めようとした行為も確認されたという。

同社は、モニタリング体制が不十分で、動作のテストや確認などに不備があったと説明。引き続き調査を進め、詳細について報告し、利用者への対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性