Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる

仮想通貨「Monacoin」のウォレットやSNSサービスを提供する「Monappy」において、ホットウォレット内に保存していたほぼすべての「Monacoin」が不正に送金されたことがわかった。同社はサービスを停止し、調査を進めている。

同サービスにおける不具合を悪用され、ホットウォレット内の仮想通貨「Monacoin」が奪われたもの。「Monappy」に残高を持つ全ユーザーに影響があるという。ただし、全残高の54.2%を保存していたコールドウォレット内の「Monacoin」に関しては影響ないとしている。

9月1日11時ごろ、別件の攻撃に関する注意喚起を受けて同社が調査を行ったところ、サーバ上にあるホットウォレットがユーザーの残高に対して不足していることが判明し、被害へ気が付いた。

同サービスでは、「Monacoin」を送金できる「ギフトコード」のトランザクション管理をデータベースで行っていたが、高負荷時に生じるトランザクション処理の不具合を突かれ、本来1度しか受け取ることのできない「ギフトコード」を複数回利用され、「Monacoin」を窃取されたという。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず