Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西の法人向け「Biz Boxルータシリーズ」の一部に脆弱性

ヤマハ製のネットワーク機器に脆弱性が見つかった問題で、OEM供給を受けているNTT東西の提供機器にも同様の脆弱性が含まれるとして注意が呼びかけられている。

脆弱性「CVE-2018-0665」「CVE-2018-0666」の影響が明らかとなったのは、NTT東日本やNTT西日本が「Biz Boxルータシリーズ」として展開している「N58i」「N500」、およびNTT西日本が販売する「NVR500」「RTX810」。

いずれもスクリプトインジェクションの脆弱性で、悪意を持った管理者が細工した入力を行うことで、別の管理者が管理画面へアクセスした際に任意のスクリプトを実行させることが可能になる。

各社は、脆弱性を修正したファームウェアを用意し、バージョンアップを呼びかけているほか、ウェブサーバを無効化するといった緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス