Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ

メルカリは、同社が提供するフリーマーケットサービス「メルカリ」において、夏休みなどの宿題向けに作成された読書感想文などの出品を禁止した。

今回の措置は文部科学省との合意にもとづくもので、読書感想文や自由研究などの作品について売買を禁止した。出品を確認した場合は削除など対応を実施する。

同社ではこれまでも宿題代行サービスの出品を禁止していたが、完成品については個人情報が記載されているもの以外は禁止していなかった。今後は宿題代行行為に関する取り締まりをより強化するとしている。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
児童情報含む教諭の私物USBメモリが所在不明に - 北九州市小学校