Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通

「iqyファイル」は、「Excel」のウェブクエリ機能によって収集したデータを保存する際に利用。通常「Excel」と関連付けられており、ダブルクリックなどによってファイルが開かれると、内部に記載された処理が「Excel」で実行される。

20180808_tm_002.jpg
開いた際に表示される警告画面(画像:トレンドマイクロ)

信頼おけないファイルを誤って開き、外部よりスクリプトをダウンロードして実行したり、外部接続が行われるなど、セキュリティ上の影響を及ぼす場合は「Office」によってアラートが表示される。

その際に無効化すれば悪意ある動作を未然に防げるが、誤ってコンテンツを有効化してしまうとマルウェアに感染するおそれがある。こうした拡張子の関連付けを悪用し、意図しない処理を「Excel」に実行させようとした手法としては、「CSVファイル」を用いた手口なども確認されている。

今回の攻撃についてトレンドマイクロは、攻撃者が模索するあらたな攻撃のひとつと分析。見慣れないファイル形式を用いることで受信者の警戒を解こうとした可能性があると指摘している。

今後同様の攻撃が発生する可能性があり、「iqyファイル」が添付されたメールの受信を制限したり、Excelのファイル制限機能で、「Officeクエリファイル」を開かないよう設定を変更するなど、同社では自衛を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を