Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通

拡張子が「.iqy」の悪意あるファイルを添付したメールが、8月に入り国内で大量に流通していることがわかった。日本語で記載されており、写真や書類の送付を装っていた。

20180808_tm_001.jpg
「iqyファイル」を開かせようとした日本語メール(画像:トレンドマイクロ)

攻撃を観測したトレンドマイクロによると、拡張子が「.iqy」である「Officeクエリファイル」を偽装し、マルウェアへ感染させようとするメールが、8月に入って大量に送信されたという。

問題のメールは、「お世話になります」「ご確認ください」「写真添付」「写真送付の件」といった件名で流通。日本語で記載されており、書類や写真の送付に見せかけ、「Gozi」「DreamBot」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる不正送金マルウェア「Ursnif」へ感染させようとしていた。

「iqyファイル」を用いた攻撃は、海外で5月下旬以降に確認されているが、日本語により国内を狙った攻撃を同社が観測したのは今回がはじめて。8月6日のわずか1日だけで29万件以上を検知したという。

(Security NEXT - 2018/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み