Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースのWiki「GROWI」に複数のXSS脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースのwikiである「GROWI」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同アプリはCrowiよりフォークとして派生したオープンソースのWiki。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、管理画面や閲覧画面、作成モーダルなどにあわせて4件のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。ページを閲覧した際に、スクリプトを実行されるおそれがある。

情報科学専門学校の林義徳氏や西谷完太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同ソフトを提供しているWESEEKでは、脆弱性へ対処した「同3.1.12」をリリース。同バージョン以降を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ