Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表

一方東急ホテルズでは、28のホテルにおいて2017年5月1日から2018年6月30日にかけて受け付けた予約情報1448件が流出。また19ホテルにおいて3225件のクレジットカード情報に影響があるという。

日本ビューホテルでは、2017年5月1日から2018年6月19日までの間、浅草ビューホテルと大阪ビューホテル本町の外国語サイトから予約した513件の個人情報が流出した。

さらにニュー・オータニは、「ホテルニューオータニ大阪」の外国語サイトで予約した587人の情報が流出したと説明。海外からの予約486人分が含まれるという。一方大阪以外の同グループに関しては影響なかったと説明している。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社
サーバに不正アクセス、卒業生の個人情報流出の可能性 - 琉球大