Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターの代表理事に明治大学総合数理学部教授の菊池浩明氏が就任したと発表した。

同氏は、2014年より同センターの理事を務めてきたが、6月21日に開催された同センターの理事会で代表理事に就任した。

就任にあたり同氏は、「サイバーセキュリティインシデントは、日々巧妙化し目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもある」と述べ、「JPCERTコーディネーションセンターだからできることや担うべき役割をつねに考え、揺るぎない軸を持ち、これからもサイバーセキュリティインシデントがなくなる日を目指し活動していく」とあいさつの言葉を寄せている。

退任した前代表理事の歌代和正氏は、専務理事に就任。引き続き同センターの活動に参画していくとしている。

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
「サイボウズGaroon」に掲示板データを削除される脆弱性 - パッチが公開
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測