Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD

野村ホールディングスは、海外子会社であるInstinet Europeがマルウェアを介した不正アクセスを受けたと発表した。顧客情報が流出した可能性があるとして詳細を調べている。

Instinet Europeは、同社が2007年2月に買収した米Instinetのグループ会社。機関投資家の委託により電子取引の仲介を行っている。

野村HDによれば、米時間6月4日にInstinet Europeにおいて、PCを接続しているネットワークにおいてマルウェアによる不正アクセスを受けたことが判明。当局へ報告し、調査を進めてきたが、その後関連各社の顧客情報が流出した可能性が浮上したとして事態を公表した。

今回の不正アクセスにより、トレーディングシステムへの影響はないと説明。野村グループの他社においてもシステムは独立して管理しており、影響を否定している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造