Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD

野村ホールディングスは、海外子会社であるInstinet Europeがマルウェアを介した不正アクセスを受けたと発表した。顧客情報が流出した可能性があるとして詳細を調べている。

Instinet Europeは、同社が2007年2月に買収した米Instinetのグループ会社。機関投資家の委託により電子取引の仲介を行っている。

野村HDによれば、米時間6月4日にInstinet Europeにおいて、PCを接続しているネットワークにおいてマルウェアによる不正アクセスを受けたことが判明。当局へ報告し、調査を進めてきたが、その後関連各社の顧客情報が流出した可能性が浮上したとして事態を公表した。

今回の不正アクセスにより、トレーディングシステムへの影響はないと説明。野村グループの他社においてもシステムは独立して管理しており、影響を否定している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
複数端末が「Emotet」などマルウェアに感染 - カネコ種苗
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
医療機関向けの検査協力金案内メールで誤送信 - 大阪府
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
コロナ対策ポスター掲示店の申請者情報を誤掲載 - 宮城県
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市