Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD

野村ホールディングスは、海外子会社であるInstinet Europeがマルウェアを介した不正アクセスを受けたと発表した。顧客情報が流出した可能性があるとして詳細を調べている。

Instinet Europeは、同社が2007年2月に買収した米Instinetのグループ会社。機関投資家の委託により電子取引の仲介を行っている。

野村HDによれば、米時間6月4日にInstinet Europeにおいて、PCを接続しているネットワークにおいてマルウェアによる不正アクセスを受けたことが判明。当局へ報告し、調査を進めてきたが、その後関連各社の顧客情報が流出した可能性が浮上したとして事態を公表した。

今回の不正アクセスにより、トレーディングシステムへの影響はないと説明。野村グループの他社においてもシステムは独立して管理しており、影響を否定している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県