Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店

うどんや甘味などを提供している冨美家は、オンラインショップ会員のIDとパスワードが流出した可能性があるとして調査を進めていたが、同サイトに脆弱性が存在することが判明した。一方で攻撃が行われた当時のログがのこっておらず、詳しい状況はわかっていない。

同社では、警察より「冨美家オンラインショップ」に対する不正アクセスについて情報提供を受け、2017年9月8日までに会員登録していた顧客のIDやパスワード2457件がインターネット上へ流出した可能性があるとして4月2日に事態を公表、その後調査を進めていた。

同社によると、顧客情報の流出につながるウェブアプリケーションの脆弱性が判明する一方、不正アクセスを受け、情報が流出したと見られる2017年9月のアクセスログがのこっておらず、窃取の痕跡や漏洩先について特定ができない状態だという。

同社は、当初の発表どおり情報流出の可能性があることにくわえ、原因となった脆弱性は以降も存在しており、2017年9月8日以降の情報も流出している可能性があると説明。

一部顧客からは迷惑メールを受信したとの報告が寄せられており、同社では注意を喚起。また、現在閉鎖している同サイトについては、再発防止策を講じたうえで再開する予定としている。

(Security NEXT - 2018/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か