Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン

洋菓子店であるキルフェボンの通信販売サイトが不正アクセスを受けた問題で、同サイトを運営するラッシュは、アカウント情報3万7149件が流出したことを明らかにした。

6月4日に情報が流出している可能性があるとの指摘が外部よりあり、「キルフェボン WEB STORE」から流出した会員情報が海外サイトに掲載されていたとして調査を進めていた。

同社によれば、ウェブサイトの脆弱性が突かれたことが原因で、会員のメールアドレスとパスワード3万7149件が流出した。流出したパスワードに関するハッシュ化やソルトの追加状況などは、取材に対するコメントを避けている。

掲載されていた海外サイトからは現在削除されていると説明。また同社では、全会員のパスワードについてリセットを実施し、他サービスで同じIDとパスワードを使い回している場合は、それらパスワードについても変更してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2018/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ