Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場

LINE、アマゾンジャパン、bitFlyer、ヤフーの4社は、セキュリティの啓発活動として「サイバー防災訓練」を開始した。「フィッシング詐欺」をテーマに6月22日まで実施する。

20180608_li_001.jpg
アルコ&ピース平子祐希さんが演じた体験型ムービー(画像:LINE)

同イベントは、一般ユーザーを対象にセキュリティ対策を呼びかけるもので、今回「フィッシング詐欺」をテーマとして取り上げた。

オンラインとオフラインで展開し、フィッシング詐欺において、正規のメールとフィッシングメールの見極めが難しく、注意が必要であることを呼びかけていく。

取り組みとして、公式サイト「サイバー防災訓練」を開設。体験型ムービーや簡易検定試験などを用意。アルコ&ピース平子祐希さんがクレイジーなフィッシング詐欺師「才場雄二」に扮してフィッシング詐欺を紹介する。あわせてセミナーなども開催し、フィッシング詐欺の防止について啓発していく。

(Security NEXT - 2018/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
「Evernote」のフィッシングが発生 - メール件名にある「印象筆記」とは
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意