Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響

アーカイブのファイル形式も、「tar」「jar」「war」「cpio」「apk」「rar」「7z」など、多岐にわたり影響を受けるおそれがあるとしている。

Amazon、Apache、HP、Pivo​​tal、Oracle、Amazon、Linkedin、Twitter、Alibaba、Jenkinsci、Eclipse、OWASP、ElasticSearch、Googleなど影響を受ける環境は少なくなく、同社では脆弱性の公開にあたり、4月15日より調整を進め、通知を行ったという。

今回の問題を受け、JPCERTコーディネーションセンターは、脆弱性は順次修正されているとし、開発者の発表へ注意を払うよう呼びかけている。また情報収集と分析が整った段階で注意喚起を行う可能性があるという。

20180606_sn_002.jpg
影響を受けたライブラリの一部(表:Synk)

(Security NEXT - 2018/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性