Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開

ジュニパーネットワークスとカーボン・ブラック・ジャパンは、両社の連携ソリューションについて展開を強化する。

20180528_fc_001.jpg
ジュニパー代表取締役社長の古屋知弘氏(画面左)とカーボン・ブラック・ジャパンの カントリーマネージャーである西村雅博氏(同右)

両社のグローバルにおけるパートナーシップに基づき、共通の販売パートナーにおいて連携ソリューションを検証、提供していくほか、共通でマーケティングを展開する。

具体的には、ジュニパーのクラウドサービス「Sky Advanced Thread Prevention(Sky ATP)」やアプライアンス製品「Juniper Advanced Thread Prevention Appliance(JATP Appliance)」と、カーボン・ブラックのEDR製品「Cb Response」を提供。

連携にあたっては追加のソフトウェアなどは必要とせず、標準のAPIにより実現しており、ネットワークとエンドポイントを連携させた対策を実現できるとしている。

(Security NEXT - 2018/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
「APIセキュ診断」に設計面からレビューする新メニュー
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供