Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増

2017年における情報漏洩対策製品の国内市場は、前年比2%増となる57億円だった。2022年の市場規模を61億円と予測されている。

IDC Japanが、国内の情報保護管理市場における動向を取りまとめたもの。同社では、情報漏洩対策やエンドポイントの暗号化、メッセージの暗号化、鍵管理、ERM、セキュアなドキュメント共有などを情報保護管理市場と定義。そのうち情報漏洩対策と暗号化、鍵管理機能について分析した。

2017年の情報漏洩対策製品市場は、前年比2%増となる57億円。2017年から2022年までの年間平均成長率を1.4%と予測しており、2022年には61億円に拡大すると見込んでいる。

また2017年の暗号化、鍵管理市場は前年比3.2%増の135億円。同社では2017年から2022年にかけての年間平均成長率を3.5%とし、2022年の市場規模を161億円と分析した。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク