Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県

千葉県において、発注予定の舗装道路修繕工事で指名業者すべてが記載された書類を、一部の指名業者へ誤ってファックスで送信するミスがあり、入札が中止になったことがわかった。

同県によれば、5月10日に同県山武土木事務所が指名業者に対し送信したファックスにおいて、誤送信が発生したもの。

同県職員が、工事設計書の内容に関する質問への回答書を12の指名業者へ送信した際、そのうち3業者に対し、すべての指名業者が記載された書類を誤って送信してしまったという。

送信同日にファックスを受信した業者から指摘があり問題が発覚。同県では同工事の入札を中止した。

今回の問題を受け、同県は複数の職員から聴取を実施。問題のファックス送信は意図的なものではなく、事務上のミスだったと結論付けている。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF