Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定

投機的実行を行うプロセッサにおいて、キャッシュサイドチャネル攻撃が可能となる「Meltdown」「Spectre」と類似したあらたな脆弱性2件が存在することがわかった。

今回あらたに「Variant 3a」とされる脆弱性「CVE-2018-3640」、「Variant 4」とされる脆弱性「CVE-2018-3639」が明らかとなったもの。

投機的実行のシーケンスを利用し、キャッシュタイミングにおいてサイドチャネル攻撃が可能となるもので、プロセッサメーカーやセキュリティ機関がアナウンスを行った。

これまで「Spectre」の「Variant 1」として「CVE-2017-5753」、「Spectre」の「Variant 2」として「CVE-2017-5715」、「Meltdown(Variant 3)」として「CVE-2017-5754」が判明しているが、あらたな脆弱性はこれらと類似。「CVE-2018-3639」に関しては、「SpectreNG」という別名もついている。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC