Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響

「OpenPGP」には「CVE-2017-17688」が存在。「CFBガジェット攻撃」を受けるおそれがあるほか、「S/MIME」では、「CBCガジェット攻撃」に悪用されるおそれがある「CVE-2017-17689」が指摘されている。

研究グループの調査では、テスト対象とした「S/MIME」対応の35のメールクライアントにおいて、25のクライアントが影響を受けていた。また「OpenPGP」については、28のうち10のメールクライアントに脆弱性が存在したという。

MicrosoftやApple、Mozillaのほか、Googleなど多くのベンダーが提供しているメールクライアントソフトやウェブメールが影響を受けることが明らかになっている。

脆弱性の悪用にあたっては、攻撃者が平文を取得したい暗号化されたメールをあらかじめ取得する必要がある。

具体的には、攻撃者が暗号化されたメールを細工してHTMLコンテンツを挿入。対象者にメールを送りつけ、開封させることで、メールクライアントが復号する際に外部と通信させ、指定したURLに平文を送信させることが可能となる。

(Security NEXT - 2018/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性