Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める

Twitterは、ユーザーによるパスワードの設定処理においてバグが存在し、内部ログにパスワードが平文のまま保存されていたことを明らかにした。

通常、ユーザーが設定したパスワードは保存前にハッシュ化を行うため、内部においても平文のパスワードを確認することはできないが、ハッシュ化の処理を行う前にログへ保存されていたことが判明したという。

同社は今回の不具合を修正するとともに、平文のパスワードを削除すると説明。内部調査においてパスワードが外部へ漏洩したり、不正に利用された痕跡は見つかっていないとしているが、今回の問題について謝罪し、パスワードの変更を検討するようアナウンス。複数サービスにおける使い回しを避け、2要素認証の活用など、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
メルアカ2件がスパム踏み台被害、外部流出PWを悪用か - 愛媛大
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定