Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT

ソフトバンク・テクノロジーは、機械学習を活用したログ分析プラットフォームを構築し、SOCへ導入して「マネージド・セキュリティ・サービス」において利用を開始する。

同社では、セキュリティアナリストの経験と知識をモデル化した機会学習モデルを開発し、独自のログ分析プラットフォームを構築したという。

セキュリティアナリストによる危険度判定の結果を機会学習で再学習することで精度を上げ、危険度が高いログやアラートの抽出を効率化する。AIが効率的に脅威判定することで、アナリストは高度な分析に専念することができるという。

同プラットフォームを、5月より自社のSOCへ導入。顧客のセキュリティシステムを24時間体制で運用、監視するMSSで活用するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
金融機関ノウハウ活用した不正検知サービス - ACSiON