Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口

セゾンカードの利用者を狙い、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会では注意尾を呼びかけている。

20180423_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

クレイディセゾンをかたり、「セゾンNetアンサー」で「第三者によるアクセスを確認した」などと不安を煽って、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

フィッシングメールでは、暫定的にIDを変更したなどと説明。誘導先の偽サイトで、アカウント情報やクレジットカード情報などを入力させようとしていた。フィッシングサイトとして15件のURLが報告されているという。

同協議会では、4月23日の時点でフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、フィッシング対策協議会へ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも