Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、開発ツール「Xcode」の脆弱性に対処

Appleは、同社製品向けの開発ツールである「Xcode」のアップデートとして「同9.3」をリリースした。

「macOS High Sierra 10.13.2」および以降のバージョンを対象とするアップデートをリリースしたもの。

今回のアップデートでは、「Xcode」に含まれるコンパイラ基盤「LLVM」における脆弱性「CVE-2018-4164」など、複数の問題を修正したという。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、macOS向けにアップデートを公開 - 脆弱性を修正
Apple、「iOS 15.6」「iPadOS 15.6」をリリース - 脆弱性38件に対処
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
スマホ向け主要プロセッサのAppleロスレス処理に脆弱性 - 2021年12月に修正
Apple、「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」でゼロデイ脆弱性を修正
Apple、複数のゼロデイ脆弱性を解消した「macOS Monterey 12.3.1」をリリース
「iOS 15.4」が公開、マスク着用時でも顔認証可能に - 脆弱性39件を修正
macOSに複数の脆弱性、アップデートで修正
「macOS」や「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ウェブ閲覧でコード実行のおそれ