Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布

20180329_ni_001.jpg
誘導先で配布されていたマルウェアをインストールしたところ(画像:NICT)

問題のサイトへアクセスすると、環境に応じて日本語のほか、韓国語,中国語などで「Facebook 拡張ツールバッグを取付て安全性及び使用流暢性を向上します」といったアラートを表示。さらにAndroid向けアプリケーションファイル「facebook.apk」を配布していた。

誤って問題のアプリをインストールすると、Googleアカウントが危険にさらされているなどと偽アラートを表示。氏名や生年月日などの情報を収集しようと試みる。

今回の攻撃において、感染の踏み台として利用された「無線LANルータ」の設定が、どのように書き換えられたか、詳細は不明だ。

無線LANルータに関しては、これまでもルータなどのDNS情報を不正に書き換えるマルウェア「DNS Changer」のほか、管理が甘いルータや脆弱性対策を講じていないルータが外部から数約万台規模で書き換えれたケースなども報告されている。

(Security NEXT - 2018/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消