Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まで2年を切った。世界中から多くの人々が来日することが予想されるなか、「安心、安全な国」というイメージを背負う日本には、強固なサイバーセキュリティが求められている。

20180326_js_001.jpg
安田浩氏

不安要素のひとつは、インターネットに接続するIoTデバイスの急増。機器の増加に比例して、サイバー攻撃リスクの増大が予想されている。IoT機器の脆弱性につけ込み、拡大した「Miraiボットネット」などは象徴的な出来事だ。

情報システムを構成する要素の増加、さらにシステム構成が複雑化することで、複合領域でのサイバーセキュリティ技術が求められる時代。東京電機大学の学長で日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)代表理事、会長を務める安田浩氏は、まさに「セキュリティのパラダイムシフト」が起きていると指摘する。

IoTが広がる時代にどのようなセキュリティが求められるのか。安田氏は、3月9日にJSSECが開催したシンポジウムでセキュアなIoT活用の重要性やこれから到来する未来について予測した。詳しい講演内容はこちらから読むことができる。

(提供:日本スマートフォンセキュリティ協会 - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛
Androidセキュアコーディングガイドに改訂版 - JSSEC
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC