Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院

山形県立中央病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンの所在がわからなくなっている。

同院によれば、紛失が判明したのは医師が所有するノートパソコン。2月28日に同医師がパソコンを置いていた更衣室から持ち去られていることに気が付いた。

問題の端末には、学会発表に用いるデータベースや手術記事などを保存しており、約700件の患者情報が含まれる。保存されているデータは暗号化されているという。院内を探索したが発見できず、3月12日に警察へ届けた。

同院では今回の問題を受け、入室管理システムの導入など、施設管理を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大