Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院

山形県立中央病院において、患者の個人情報が保存されたノートパソコンの所在がわからなくなっている。

同院によれば、紛失が判明したのは医師が所有するノートパソコン。2月28日に同医師がパソコンを置いていた更衣室から持ち去られていることに気が付いた。

問題の端末には、学会発表に用いるデータベースや手術記事などを保存しており、約700件の患者情報が含まれる。保存されているデータは暗号化されているという。院内を探索したが発見できず、3月12日に警察へ届けた。

同院では今回の問題を受け、入室管理システムの導入など、施設管理を強化して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市