Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明

問題が発覚した発端は、ドイツ親会社からの指摘。海外のウェブサイトで情報が不正に取得されたことを示す内容を確認したとして、2月21日に日本法人である同社へ連絡があり、翌日同社が委託先のサーバを調査したところ、不正アクセスを受けていたことが判明した。

不正アクセスは、現在わかっているだけで1月23日から2月11日にかけて複数回にわたり行われたという。1月22日以前についてはサーバにログが保存されておらず、くわしい状況はわかっていない。

同社では警察へ相談を進めるとともに、不正アクセスの痕跡についてフォレンジック調査を実施し、被害の範囲の特定を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性