Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明

ポルシェジャパンは、委託先が顧客の個人情報を管理するサーバが不正アクセスを受け、顧客情報2万8722件が外部へ流出したことを明らかにした。

20180223_pj_001.jpg
不正アクセスを公表したポルシェジャパンのウェブサイト

同社によれば、委託先のサーバにおいてウェブアプリケーションが不正アクセスを受けたもので、一部顧客情報が流出した。

同社では、流出した顧客情報の範囲など、詳細について調査を進めている。

流出が確認されたのは、2000年から2009年にかけて同社にカタログを請求した顧客に関する2万3151件のメールアドレス。

同じデータベースには、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、職業、年収、所有車情報、希望車種、購入予定、販売店名なども含まれており、これら情報も流出した可能性がある。

さらに2015年7月に実施したキャンペーンの応募者に関するメールアドレス5568件が流出。氏名なども含まれている可能性がある。そのほか3件のメールアドレスも流出が確認されたが、いずれのメールアドレスについても、不審なメールが届いたといった指摘は受けていないという。

(Security NEXT - 2018/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大