Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル

盗難被害に遭ったクレジットカード情報は、流通量が多い闇市場において1件あたり約10ドル前後で取り引きされている。

Dell Technologiesのセキュリティ部門であるRSAが、2017年における盗難クレジットカードの相場動向を取りまとめたもの。2017年に盗難クレジットカード情報の流通量が多かった上位20カ国について流通単価などを調査した。日本は上位20カ国に入っていない。

売買された際の平均単価を見ると米ドル換算で1件あたり10ドル95セント。もっとも高額で取引されていたのはニュージーランドで、13ドル90セントだった。

20180223_rs_001.jpg
闇市場で盗難クレジットカード情報の取引量が多い上位20カ国と平均単価(図:RSA)

(Security NEXT - 2018/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告